FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

米 中国に“尖閣は日米安保内”と説明

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120921/k10015180901000.html

アメリカのパネッタ国防長官は、中国の次の最高指導者への就任が確実視されている習近平国家副主席に対して、沖縄県の尖閣諸島が日米安保条約の適用範囲内だと説明し、日本とのこれ以上の緊張を避けるよう促していたことが分かりました。

panetta.jpg


これは、アメリカ国防総省の高官がNHKに対して明らかにしたものです。それによりますと、アメリカのパネッタ国防長官は、19日、訪問先の中国で習近平国家副主席と会談した際、尖閣諸島を巡る日中の対立について、「両国の話し合いによる平和的な解決を望む」としたうえで、尖閣諸島は日米安保条約の適用範囲内だと直接説明したということです。
そして、アメリカは安全保障条約の責任がある」として、仮に軍事的な衝突に発展すれば、アメリカも関与せざるをえないという認識を伝えたということです。
パネッタ長官は、中国の梁光烈国防相らにもこうした考えを伝えたということで、アメリカとしては、中国政府の指導部に日本に対する条約上の義務を直接説明することで、中国が挑発的な行動に出ないようくぎを刺すねらいがあったものとみられます。




F22に実弾装備 県内で初搭載飛行か

 【嘉手納】米軍嘉手納飛行場で20日午後3時半ごろ、6カ月の予定で米軍嘉手納基地に配備されているステルス戦闘機F22Aラプター5機が千ポンド爆弾10発を搭載し離陸するのが確された。19日にも爆弾を搭載し離陸するのが確認されている。F22が嘉手納に暫定配備された2007年以降、沖縄で実弾を搭載して飛行するのは初めてとみられる。
 20日午後に搭載した実弾は千ポンド(約453キロ)爆弾MK83ジェイダム。戦闘機からの操作なしに目標を攻撃できる誘導爆弾の一つ。各機に2発ずつ搭載されて離陸し、午後5時半ごろまでに帰還した。

F22A.jpg


 F22は爆弾を機体内部に格納することから、爆弾を投下したかは、着陸時に目視で確認できていない。
 F22は低酸素症に似た症状を訴える操縦士が相次いだため一時運用を停止した。操縦士が着用するベストの不具合が主な原因とされ、改善策を施したとして12年5月に飛行高度などを制限して運用を再開。7月末に嘉手納に12機が暫定配備された。

http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-197151-storytopic-3.html




あ~あ、マクドナルド襲撃・星条旗炎上・米大使の車を襲撃・・・ 
そりゃぁ どこの国でも怒るよね~

オスプレイが危険!とデモなどをやっているは
中国・韓国の方がオスプレイより危険って分からないのかなぁ~

まぁ、デモしているのが日本人かどうかも怪しいんだけどねぇ~





スポンサーサイト



テーマ : 尖閣諸島問題
ジャンル : 政治・経済

最新記事
カテゴリ
プロフィール

つぼね

Author:つぼね
愛猫:ちまき
HP『局ちゃん街をゆく』
食べることとスポーツ観戦(特にフィギュアスケート)と日本が大好きです
最近は車中泊をしながら神楽を見に行ってます

フリーエリア




カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる